9月22日12時までのご注文は

9月25日(火)に発送予定。

あくまで目安ですので
異なる場合がございます。

2018年9月のカレンダー

発送業務休業日
店舗休業日

1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
2018年10月のカレンダー

発送業務休業日
店舗休業日

1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
※休業日は商品を発送する事ができません

酒類販売管理者標識
販売場の名称及び所在地 梅乃屋本舗
奈良県葛城市東室20
酒類販売管理者の氏名 早川 訓生ハヤカワ クニオ
酒類販売管理研修受講年月日 平成29年10月24日
次回研修の受講期限 平成32年10月23日
研修実施団体名 奈良小売酒販組合
ひやおろし 山廃純米吟醸 1800ml

ひやおろし梅乃宿 山廃純米吟醸 1800ml 29BY

2018年9月5日発売予定!!

 
2,600 (税抜)

◎ギフト・贈り物オプション

※ギフト・贈り物オプションについて詳しくはこちら

030430

成分

米(国産)・米麹(国産米)
60%
15度
山田錦・アケボノ
+2.6
1.9
1.1
在庫あり
+
ほしい物リストに追加

商品説明

山廃づくりで丁寧に醸し上げた純米吟醸酒をひと夏かけて低温の貯蔵庫で静かにゆっくりと熟成させました。

山廃ならではの豊かなコクとふくよかな味わいが特徴です。


※発売日2018年9月5日に発送致しますので、到着日は9月6日以降を選びください。



□□□ 「ひやおろし」について □□□


昔(江戸時代の頃)、

冬から春に造られたお酒は火入れ(加熱殺菌)して、

夏に涼しい蔵で貯蔵され、秋になりその蔵の温度と外気温が同じくらいになると、

貯蔵容器の大桶から樽に詰めて出荷していました。



お酒は通常、貯蔵前に1回、出荷前に1回と計2回火入れ(加熱殺菌)を行いますが、

2度目の加熱殺菌をしない「冷や」のまま、

大桶から樽に「卸(おろ)して」出荷したことから、

このお酒は「冷卸(ひやおろし)」と呼ばれ、秋のお酒として親しまれてきました。



現在も春先に一度だけ加熱殺菌し、秋まで熟成させて、

出荷前の2度目の火入れをせずに出荷されます。


秋になると、新酒のあらさがすっかり消え、ほどよく熟成し、

まるみがでて、お酒の最も飲みごろとされて現在でも人気の商品となっています。


梅乃宿の「ひやおろし」は山廃造りで丁寧に醸し上げ、季節商品の中でも高い人気を誇っています。


タグ

レビュー

投稿はありません

レビューを書く

Facebook Comments